ホーム > エニアグラム人間観察ブログ
2011年09月09日(金) [ブログ]

メールに思うこと

  • LINEで送る
  • 486 view

今やメールってコミュニケーションツールとしては欠かせないものになっています。
メールって言葉での会話よりも、相手のエニアタイプが分かりやすい時もあります。
感情センターの人は、想像力が豊なのか、自分の状況を相手に伝えます。
自分が相手の状況を知れば「きっとこうなのね」って想像できるので、つい相手にも自分の状況を伝えがちなのかなと思います。
簡単なコミュニケーションで言えば、本能センターの子供達に帰宅の連絡メールをする時に
私は「今、仕事場を出たので今から帰ります」とか「何時何分の電車に乗ります」とか自分の状況を書くことが多いです。
でも本能センターの子供達が知りたいのは「何時に帰宅するのか」ということで、私が何時の電車に乗ろうがどーしよーが、家に何時に着くの?ということが重要で、それは、夕飯の時間が何時になるのかという、自分達に影響があることが知りたいんですよね。
なので、「今から帰るー」とメールすると、
「そんな情報いらんっw 何時に着くの?」と、↑の話を知っていてワザと指摘されます(笑)
ということで、彼ら本能センターはメールも短めです。
それこそ「何時に着く」とか「何時に行く」とか結果だけを書いてくるので簡潔な印象です。
日常的な連絡で↑のような内容なら、行き違うことはないですが、感情センターの人は心情をメールに綴ることがあります。そんな時は要注意です。
何せ、想像力逞しいですから、「こう書いてるってことはこーゆーことなのね」と、相手の心情を自分なりに解釈して受け取ることがあります。
なので、感情センター同士はメールで心情を書き合ったり・・・・特にメールでのバトルは誤解を招いたり深みにはまるのでやらないほうがいいと思います。
思考センターの人のメールは、どーでしょうねぇ。
文字情報に得意なこともあり、理由が書いてあったりすると文章は長めですが理路整然としている印象です。
心情というよりも現状を説明してる感じでしょうか。
ただ、3つのセンターに限らず、ソーシャル本能が盲点だと、メールを返信すること自体が後回しになる傾向があるので、連絡がとりにくいというか最小限の文字で返ってくる印象があります。
少ない言葉の中でも結局は「何が」伝えたいかというところに焦点を当てて読めば、センターぐらいは分かりますけども。
ビジネスメールは、ルールやお作法があるのでわかりづらいですがプライベートなメールから読み取れる傾向や情報って案外多いんですよね。
==================
$エニアグラム タイプ診断 カウンセリング|人間観察
活えび天丼 温玉・お椀付  ¥600
今日のランチはこの天丼。驚異の安さと驚異の美味さ。
えび亭っていうお店で松屋町筋から空堀商店街に入ってすぐのところにあるのですが、そりゃ美味しいはずです。
ここはエビと薬膳餃子のお店なんですが、オーナーは、心斎橋で長年お寿司屋さんをしてらっしゃる方で、そこの奥様がえび亭切り盛りしたはります。
お寿司屋さんの大将が趣味で勝手にはじめて、巻き込まれた女将さんはブツブツ言ってはりますが(笑)
そりゃ、寿司屋のイケスで泳いでたエビを、天ぷらにしてらっしゃるので美味しいはずです。
まさに大将の趣味のお店ですね(だから女将さんは怒ったはるんでしょうがw)
生で食べられるエビを天ぷらにして・・・・で、600円。
是非、行ってみてください。

  • LINEで送る
  • 486 view
☆オススメ☆
初回タイプ判定セッション
※お話をお伺いした後、ワークをして頂きながらご自身のエニアタイプを探るセッションです。
費 用 : 18,000円  所要時間 : 3時間
エニアグラムカウンセリング
※お話をお聞きして、今の問題解決へのアドバイスをします(エニアタイプ判定は含みません)
費 用 : 12,000円  所要時間 : 1時間

日 程 : 随時、ご連絡下さいませ。
お問合せメールでのお問合せ・お申込み

場 所 : 大阪市中央区内平野町2-1-2 アイエスビル 6D(地図表示
    京阪天満橋駅・地下鉄谷町線天満橋駅4番出口から徒歩6分