ホーム > エニアグラム人間観察ブログ
2012年03月12日(月) [ブログ]

人との距離感

  • LINEで送る
  • 482 view

少し前に人との関係が長続きしないというお悩みをお聞きしました。
自分に原因があるのか。
どうすれば、人と長く良好な関係を築けるのか。
勿論、性格的なことや価値観や或は中には発達障害が隠れていて、誤解されやすいコミュニケーションをとっているとかがあるのかも知れません。
が、一般論として・・・エニア的に言えば、人との距離の感覚がそれぞれで、そこに感情が入ると行き違いが生じることが多いように思います。
時間の感覚にも共通するかも知れないですね。
実際に「お久しぶりー」「この前会ったばかりよね」的なよくある会話の中にも人によって違いってあります。
セミナーとかで色んな方にお聞きすると、
「お久しぶりー」が、1週間や2週間である人や1ヶ月或は半年って方もいらっしゃいます。
「この前・・・」って言っても1週間前の人も居たら1ヶ月前の人もいらっしゃいます。
親密さを時間や頻度に換えると、まさに人それぞれで。
よく恋愛関係とかで、毎日電話して何通もメールしないと不安って人もいたりその逆で、1週間ぐらい音沙汰なくても平気は人もいますよね。
いわゆる片方が「親密中毒」で、繋がりを常に求めてしまって「束縛」だと相手が感じて関係が終わることもあったり。
他には、ものすごく親密な時とそうでない時の波(変化)があって距離感が常に不安定で双方とも「相手に振り回された」と感じるケースもありで。
これって、距離感の相違だと思うのですが自分の感覚を知ることも大事ですし相手の感覚を理解することも大事だと思います。
やっぱりエニア的に言えば、自己を知り他者を理解する というところに落ち着くわけですが、皆さんはご自身の感覚をご存知でしょうか。
私のことで言えば人との距離感は近いほうです。
性急さも持っています(時間の流れが早い)
若い頃は自分の感覚が普通だと思っていましたし、その感覚にそぐわないと感情論になったりして結構メンドクサイ恋愛をしてたような。
それも歳と共にというのと距離感が私よりも遠い人と居るお陰で、一歩ひくことが今は出来るようになりました。
昔は私だって熱かったんですよーー(笑)
でもこれは私が経験値として学んだことや勿論エニアのお陰であったり、後は相手に教えてもらったこともあったりするので、年齢は関係ないです。
うちの妹は今はアラフォーですが、20代でも日本とカナダの遠距離を2年して結婚しましたし。
うちの娘は20歳ですが、私が「そんなに連絡とってなくて大丈夫なん?」と余計なお世話発言をするぐらいに距離感があります(彼女曰くラブラブで問題ないそうですw)
相手との距離感が合ってるのでしょうね。
かと思えば、アラフォー世代でも距離を詰め過ぎてまたその距離感が不安定であったりしてお悩みの方もいらっしゃいます。
依存も中毒も頂けません。
程よい距離感ってどんな?
それは、その人とその方とコミュニケーションを取る方によるので一概にはこの距離と・・・・何メートルと言えたことではないですね。
今の私的には・・・・・遠ければ遠い程仲がいい・・・・一緒にいないから仲がいいと思うんですけどね。
皆様、いかがでしょうか。
==================
日付は変わりましたが 昨年の3.11 から1年が経ちました。
今日は各地で黙祷や追悼式等もありTVもそれ一色で。
昨年の11日は何をしていたかなぁと回想しました。
私は仕事場に居て子供達は春休みの長男と大学受験の発表が9日にあったばかりの娘が家に居て。
あまりに長い揺れがあったので、その後電話して「地震だった?大丈夫?」とか連絡して、その後金曜日の夜で、前から約束をしていた会食の予定があったので6時ぐらいには梅田に出向きました。金曜の夜だってこともあり繁華街は大勢の人で賑わっていました。
韓国料理を頂いたオモニのお店に小さなTVがあって、そこに映し出された津波を映像をみて言葉をなくし・・・・心配になって東京の知り合いにメールしたりして。
帰宅難民で会社に居る人や停電でオフィスビルから階段で降りてきた人がいて安否確認して。
その後、数日後には原発事故があって状況が一変。
週明けには水・米・トイレットペーパー等、送りましたっけ。
東京から北にはお知り合いの方がいなかったのでその程度でしたが、震源地に近いところはTVに映し出されても東京の情報は鉄道関係が殆どでしたので、東京の方も一時は怖い思いや不自由があったと後になって知りました。
関西在住の私にとっては17年前の阪神大震災の記憶が蘇ってきましたが、それ以上の甚大な被害状況をメディアで知って何とも言えない気持ちが沸々と湧いてきたことを思い出しました。
月並みですが復興が進むことを祈るしかできません。
がれきの問題等、問題は山積みなのでしょうが、がれきの受け入れがスムーズに行かないことには賛否両論があり、またどの案にも一長一短があるんだと思います。
ただ、国(政府)や東電への不信がある限り今更「安全だー」「大丈夫だー」と言われてもイマイチ説得力がないように思います。
大切なご親族を震災で亡くされた方の心はまだまだ癒されることはないでしょうが、少しでも心休まるひとときがあることを切に祈っています。

  • LINEで送る
  • 482 view
☆オススメ☆
初回タイプ判定セッション
※お話をお伺いした後、ワークをして頂きながらご自身のエニアタイプを探るセッションです。
費 用 : 18,000円  所要時間 : 3時間
エニアグラムカウンセリング
※お話をお聞きして、今の問題解決へのアドバイスをします(エニアタイプ判定は含みません)
費 用 : 12,000円  所要時間 : 1時間

日 程 : 随時、ご連絡下さいませ。
お問合せメールでのお問合せ・お申込み

場 所 : 大阪市中央区内平野町2-1-2 アイエスビル 6D(地図表示
    京阪天満橋駅・地下鉄谷町線天満橋駅4番出口から徒歩6分