ホーム > エニアグラム人間観察ブログ
2012年10月09日(火) [ブログ]

勝手に解析

  • LINEで送る
  • 500 view

京都大学の山中教授がノーベル医学生理学賞を受賞されたと夜のニュースで知りました!
おめでとうございます!
成熟した細胞を多能性を持つ状態に初期化できるips細胞を発見された功績が世界的にも認められたということで、同じ日本人として誇らしく思います。
他の国も研究者もいる中で日本人の山中先生が受賞されたとうことは、先駆者として認められたということなので嬉しい限りです。
先生のインタビューをお聞きしていると、とても謙虚で誠実な人間性が垣間見えます。
「真理の一枚一枚のベールを剥がして行く中で ある日突然、一枚のベールをめくったら、偶々全容が見えた」と。
自分はその1枚のベールを剥がしたにしか過ぎないというよなことと、名指しで「○○さんが」と色んな方の尽力をお話してらっしゃいました。
後は、全く期待していない中の連絡だったとか受賞時の連絡のエピソードも。
ここで、またワタクシのエニア脳が色んな情報を拾ったわけですがw
先ずはエニアタイプは分からないですがエピソードから
自己保存本能は盲点じゃないな(高いかも)
ソーシャル本能も低くない。(あれだけ対応したはるし)
ってことで、自己保存>ソーシャル>セクシャル の仮説を脳内で立ててみました。
勿論、他のことをしながらのTVを見ていていながらの~~で。
そしてどこかのキー局のキャスターが、
「後身や学生に一言」という振りを教授にした時に、
「先生の言うことを信じないこと。教科書を信じないこと。そして僕の言ってることも信じないこと」とおっしゃいました。
キャスターは「?」な感じでCMにいったわけですが。。。。
私は「なるほどなぁ」と妙に納得。
疑いから好奇心を持って、好奇心が探究心に繋がると。そーゆーことだとワタシなりに解釈したからですが。
先ず疑念を持てというところでエニア的に言えば、思考センターチックかな→type 5かなと思った私の脳内。
こんな私の「だから何?」的なしょーもない解析をしても全く意味がないわけですが。
山中教授の「まだまだ(社会)貢献はこれから」と仰ったことには深く共感します。
臨床医の経験がある先生は、そこで心を病むことも経験されたようで、研究の場に戻られたとか。
機能を失った細胞が再生するなんて、奇跡や夢に近かったことが現実となっているわけです。
近い将来、網膜や脊椎の損傷で不治とされている方に臨床の場で活かされる技術もあるでしょう。
アルツハイマーとかパーキンソンとか脳の疾患に関してもとても希望が持てることです。
うちの父はパーキンソンで運動機能が奪われて施設にいますが、今後「治る!」ってことになるかも・・・と期待します(父様 長生きしてください)
パフォーマンスなのか、山中教授の記者会見場で田中眞紀子さんからお祝いの電話がありました。
是非、補助金(税金)をたくさん出して国は後押ししてください。
遺伝子レベルのことなので、クローン人間も作れるとか、倫理的に問題があるような使いかたもあるようですが、原子力も同じくで、人類にとっての歴史的な発明や発見ってリスクもあります。
作るのも人間。 そして使うのも人間。
自分自身で朗報だと思うと「やったー」ってポジ思考全開の私には瞬時に多方面から考えることは出来ないですが、リスクはあれど前進する可能性というか・・・道が開けた感じがして嬉しいです。
==================
うちの娘はんと山中先生の娘さんが中高が同じで卒業時には同じクラスだったこともあって、卒業式の記念写真はご一緒でした。
私は、その前の日にセミナー&食事会で深夜帰宅でしたので、必死で起きて、そのまま寝起きで娘の卒業式にやっと行くというあり得ない親でしたが。
お嬢さん達も優秀で医学の道に進んでらっしゃるのはやっぱり脳みそのデキは遺伝するんでしょうか?
あの~ 山中先生
おばかな脳細胞が優秀に変わるという発明はないんでしょうか(・ε・` )

  • LINEで送る
  • 500 view
☆オススメ☆
初回タイプ判定セッション
※お話をお伺いした後、ワークをして頂きながらご自身のエニアタイプを探るセッションです。
費 用 : 18,000円  所要時間 : 3時間
エニアグラムカウンセリング
※お話をお聞きして、今の問題解決へのアドバイスをします(エニアタイプ判定は含みません)
費 用 : 12,000円  所要時間 : 1時間

日 程 : 随時、ご連絡下さいませ。
お問合せメールでのお問合せ・お申込み

場 所 : 大阪市中央区内平野町2-1-2 アイエスビル 6D(地図表示
    京阪天満橋駅・地下鉄谷町線天満橋駅4番出口から徒歩6分