ホーム > エニアグラム人間観察ブログ
2014年03月12日(水) [ブログ]

3/11 共感には至りませんが想像を絶する痛みだということだけは分かりました

  • LINEで送る
  • 495 view

日付は変わりましたが、3年前の 3/11
関東大震災で。
3年前の2時46分揺れがあった時は金曜日で。
”その時”は関西は横揺れが長く続いて・・・でも地震かな?って程度でした。
前日に一浪した娘の合格発表があって(合格して)
次の週から東京に遊びにいくよ♪って予定の中での地震で。
私はその夜は食事の約束があったので、フツーに出掛けました。
3月の金曜だしー街は賑わっていて。
次の日の朝には、断片的な情報がTVから流れてきて。
それでもまだ、娘に「山手線止まってるらしいよ。東京行き再来週にしたら?」ぐらいで。
それから時を追う毎に、津波の映像があって、原発がメルトダウンするかも的なこともニュースで流れて。
毎日、TVに釘付けで。
それでも、当たり前にやらなきゃ行けない毎日を過ごしていました。
================
あれから3年。
関西は19年前に阪神大震災がありました。
あの時には家の中は家具が倒れた程度でしたが、知り合いも友人も被災したこともあり出来る限りの物資を送った程度のことで。
どこかで、天災の傷はいつでも他人ごと。
今でもその事実は変わりません。
自分の身に起きたらどうしよう。という想像すら出来ません。
今日も朝から3年前の映像が流れるなかで、家の掃除をしていて(TVつけたまま)
「コドモヲサンニンナクシマシタ」って言葉がTVから、私の耳に入ってきました。
え?
私の聞き間違えで無ければ・・・「子供を三人なくしました」って?
(掃除の手が止まりました)
TVの向こうでは平静を保ちながらお父様が静かに言ってらしたんですが、その言葉を聞いて、その場で 何だかワーワーと涙溢れて。
そんなん言える?
いや、そんなことある?
「コドモヲサンニンナクシマシタ」
そんな理不尽なことある?
その方はご夫婦でらして。
「今でもひとりでいると気がおかしくなりそうです」と。
そりゃそーですよ。
そこだけは僭越(せんえつ)ながら共感しました。
が、私には痛みはありません。
あくまでも受け入れがたい想像の範疇です。
亡くなった方にご冥福を再度祈ると共に、深い悲しみの中で生きていらっしゃる方に心より敬意を捧げます。
言葉なんて虚しいですね。
合掌(祈)

  • LINEで送る
  • 495 view
☆オススメ☆
初回タイプ判定セッション
※お話をお伺いした後、ワークをして頂きながらご自身のエニアタイプを探るセッションです。
費 用 : 18,000円  所要時間 : 3時間
エニアグラムカウンセリング
※お話をお聞きして、今の問題解決へのアドバイスをします(エニアタイプ判定は含みません)
費 用 : 12,000円  所要時間 : 1時間

日 程 : 随時、ご連絡下さいませ。
お問合せメールでのお問合せ・お申込み

場 所 : 大阪市中央区内平野町2-1-2 アイエスビル 6D(地図表示
    京阪天満橋駅・地下鉄谷町線天満橋駅4番出口から徒歩6分